アクセス
新潟冷蔵TOP > 採用案内

届けているのは、240万県民の「いただきます」。

採用スケジュール 採用実績 Q&A
平成30年度(平成31年3月卒業)の募集・採用について   よく聞かれる質問にお答えします。

先輩の声

海外の魚を、お客様に提案。

 当社はノルウェーのシシャモ買い付けに始まる海外ルート開拓の長い歴史を持っており、現在ではアラスカ湾の魚の買い付けを独自のルートで行っています。私の仕事は、そのアラスカ湾で獲れた魚を仲卸・売買参加者や、全国のお客様などに販売することです。原料をそのまま販売するものもあれば、切り身にしたり、開いたり、加工を行ってから販売する場合もあります。仕入先や加工の現場など、海外へ出かける機会も多い仕事です。私がいつも心がけているのは、原料調達から加工まで、お客様のニーズに合うものを探し、その期待に応えることです。以前、新規のお客様に対して商品にニシンを使用することを提案したことがあります。それは現在、お客様の定番商品となって売れ続けています。自分で考えた工夫や提案が、お客様や消費者の役に立ったときの喜びは、何物にも代え難いものです。
 新潟市中央卸売市場も新しくなり、全国が新潟に注目しています。ビジネスチャンスも大きく広がることでしょう。可能性にあふれた未来を強く感じています。

本望 真

(平成13年度入社)

社会に貢献する使命感とともに。

 私の仕事は産地から鮮魚を仕入れて仲卸・売買参加者などに販売することです。鮮魚の価格は需要と供給のバランスで決定されます。そのためには水揚げの情報と需要の情報を入手して対応することが必要になります。この仕事は、地域の食卓を支えるという、社会的使命を担っており、水揚げが少ない時など、「新潟に魚を持って来るんだ」という強い使命感から行動する場合もあります。
 当社 は、産地から家庭まで、社会に対して幅広く貢献できる会社だと思います。鮮魚を扱う仕事は、季節によって扱う魚が違うため、毎日が新鮮です。その一方で、常に連絡を取り合う荷主様やお客様とは、固い信頼関係で結ばれるため、人と人の強いきづなが生まれます。ビジネスでの相手が、いつのまにか人生の仲間になっている、そんな経験ができる職場だと思います。先輩も個性豊かで、活気がある会社です。全ては、やる気から。元気がある人と一緒に働きたいですね。

相田 登市夫

(平成17年度入社)

 

ページトップ