事業紹介

鮮魚部

第1課
鮮魚部の紹介画像
鮮魚部の紹介画像
  • 鮮魚部の紹介画像
  • 鮮魚部の紹介画像

地元新潟のみならず、全国の産地で水揚げされる水産物を取り扱っています。
アジ、サバ、イワシ、サケ、サンマなどのいわゆる「大衆魚」がメインで、毎日量やサイズ、価格など産地の水揚げ情報を確認し、旬を追いかける大切な仕事です。消費者の需要に対応するため、安定供給に努めています。

第2課
鮮魚部の紹介画像
鮮魚部の紹介画像
  • 鮮魚部の紹介画像
  • 鮮魚部の紹介画像

第2課は数あるお魚の中でも特に人気の魚種、マグロ専門の部署です。
国内外から生鮮、冷凍のマグロを集荷し、丁寧に作業を施した上で販売しています。高い品質を保持するため、衛生面と温度管理に重点を置いています。
なお、海外のマグロは専門商社を通し世界の海とつながります。

第3課
鮮魚部の紹介画像
鮮魚部の紹介画像
  • 鮮魚部の紹介画像
  • 鮮魚部の紹介画像

国内外を問わず活魚、養殖魚、淡水魚、貝類、海藻類を担当する部署です。
主に寿司種となる高級魚介類を取り扱っており、サーモン、養殖ハマチなども含まれます。取り扱い魚種が多種に渡るため専門知識は欠かせません。
入荷が天候や漁模様に大きく左右されにくい分、安定供給できる分野といえます。

冷塩部

第1課
冷塩部の紹介画像
冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像

イカ、サバ、タコなどの沿岸、南方の冷凍品および、タラ、ニシン、カレイなどの北方の凍魚を担当します。北米、北欧、アフリカ、アジアなど活躍のフィールドは広く、海外へ赴いて買い付けることもあります。
また、現地での加工にも積極的に取り組み、海外市場を視野に入れた営業を行っています。

第2課
冷塩部の紹介画像
冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像

冷凍・塩干のサケ、マスとカニ、エビを担当します。主な産地はサケが国内では北海道、国外では北・南米、北欧、カニは北米、ロシア、エビは南米、東南アジアなどです。サケ・カニ・エビは日本人が最も好む魚種であるため、大変重要なセクションです。
資源量、漁獲量の変動を受けつつ適正価格での供給に努めるため、マーケティングリサーチは欠かせません。

第3課
冷塩部の紹介画像
冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像

スケコ(スケトウダラの卵)、イクラ、カズノコなどの魚卵、冷凍の寿司種商材を扱っています。
特にスケコはたらこ・明太子製品の原料となるものです。毎年、入札が行われるアメリカ・シアトルで冷凍原料の買い付けを行います。
これを加工業者へ販売し、加工された製品を購入して、量販店や業務用向けとして販売しています。原料の確保から加工品の販売まで一貫して行うセクションです。

第4課
冷塩部の紹介画像
冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像
  • 冷塩部の紹介画像

干魚、干物製品、練り物、海藻商品から水産物以外の製品(日配加工品、グローサリー、菓子、飲料など)まで、幅広く取り扱っています。
2020年から枝豆の取り扱いも始まり、業務向け専門商社相手のビジネスもスタート。
多種多様な取り扱いにより、量販店関係を中心にサポートします。